入院6日目(診察3回目/外出)


午前中は先生から
こちらへ来てくれて
診察を受けました。
前回の診察での私の
私は幸せになってはいけない
という発言によって
なにか閃いたらしく
診断する時のような診察でした。
いろいろな質問に答えたり。
結局何も診断名は
言われませんでしたが
とにかく不安感が強いことが
問題にあがりました。
不安によって緊張も大きくなり
頓服をもらえないほど
頻繁になっていること。
頓服に頼りすぎず
なんとかなりそうな時は
自力でなんとかすること、
となりました。

私は最近先生を見ていて
精神科医になりたい
という夢が出てきました。
ほとんど無理な夢ですが。
それをきっかけに
診察とは別の
普通の会話が出来ました。
2人とも笑っていて。
いつも不安と緊張で
いっぱいいっぱいの私が
心からうきうきとした気分で
会話していました。
先生も精神医学に興味があり
文学部も考えた上で
医学部に決めたそうです。
某旧帝大出身だそうで
改めて尊敬。
けれどもし結局
看護師に落ち着いても
先生と同じところで働きたいので
今の病院に就職したいです。
そのくらい素敵な先生。
きちんと治そうとしてくれる。
やっと巡り会えた。
そんな先生に笑顔で
夢があるのはいいことだねと
言ってもらえました。

それからは他病院の皮膚科で
金属アレルギーの検査を
する予定でしたが
受付時間に間に合わず断念。
電話をしたのですが
受付の方が素っ気なくて
車の中で泣きました。
予約をすっぽかした私が
悪いのは分かっていますが
悪口を言われるのを
極端に恐れる私にとって
その態度は酷く怖いものでした。
次にまた予約を入れなければ
いけないのですが
怖くて今から不安です。

帰ると私の好きな看護師さんに
お帰りなさいと笑顔で言われ
とても嬉しかったです。
聞けば明日も日勤だそうで
お見送りをしてくれるとのこと。
不安で不安で仕方ない退院ですが
看護師さんのおかげで
なんとか退院を
乗り越えられそうです。

今日は入院最後の夜。
さみしい気持ちでいっぱい。
ですが前に進まないと
先生にも悪いので
ここは勇気を振り絞って
一歩前進。
どうしても辛くなったら
また入院してもいいとの
先生からの言葉を胸に、ね。
スポンサーサイト

入院5日目


何も変わらない1日。
書くことがないと思っていたけれど
思いがけず久しぶりに
大好きな先輩とラインして
久々に元気になりました。
とりあえず思考回路を
柔軟にすることの必要性。
教師になりたかったけれど
就職出来ないかもしれないから
という理由で
看護師に変えたわけだけれど
別に看護師資格をもった教師だって
いてもいいんじゃないかと。
その先輩はこの不景気でも
大企業から内定をもらえたほど
柔軟な思考回路なのです。
見習って私もいろいろな視野から
考えてみようと思いました。

相変わらず
大切な人と関わるのは
怖いことだけれど
慣れていくのも大切。
怖がらずに関わることで
今日みたいな収穫を
得られるかもしれないから。

入院4日目


特に何もない1日。
ダイニングにて
ずっと勉強をしていました。
塾の講師のバイトに応募したので
テストのためのお勉強。
大学に入ってからも
英語のテストがあるので
そのためにも。

昨日からずっと気分が堕ちたまま。
大学への不安でいっぱい。
退院したくないとまで
思うようになり
一週間だけでいいから
病院から通えないかと考えたり。
主治医やお母さんに相談する前に
1番話しやすい看護師さんに
聞いてみました。
するとあまりいい返事ではなく。
前へ進むためにも
病院以外の居場所を作るべきだと
優しく言ってもらえました。
あとは
大学への不安はみんな一緒。
特に看護はみんな同じような
気持ちを抱えてのスタートだから
大丈夫だよ、とも。
大分楽になり
一応退院する予定で
考え直すことにしました。
今回の病棟は
話しやすい看護師さんがいて
本当によかったです。

夕方くらいからずっと
体の方の調子がよろしくなくて
鉛のように重いです。
勉強をしたくても
雑誌を読みたくても
ベッドに寝転んでしまう。
心も負のサイクルの連続。
もっと元気になってから
入学したいな。

入院3日目(診察2回目)


今日は料理教室の
作業療法には
出られませんでしたが
お茶会には出られました。
作業療法士さんが
お抹茶をたててくれて
看護師さん3人と患者さん2人と
飲みながらおしゃべり。
私は特に何も話さなかったし
たった10分だったけれど
楽しかったです。

そして終わった後は
作業療法士さんがわざわざ
私のところまで来てくれて
お抹茶おいしかった?と
聞いてくれました。
そこに看護師さん1人も加わり
話が弾んで楽しかったです。
看護の実習は厳しいけれど
今となっては
いい思い出だそうです。
私も頑張らねばと思いました。

それから診察。
午後になってもなかなか来なくて
もう会えないのではないかと
心配になって
看護師さんに聞いた瞬間に
偶然来てくれて
とてもほっとしました。
幸せになるのが怖いこと。
薬を増やしていくこと。
これからの外来。
腕の傷が痛むこと。
たくさん話せてよかったです。
依存している自分が
危ないですが。

夕食後はお母さんが面会に。
入院初日から喧嘩していて
会いに来ると知ったときから
心がかき乱されていたので
済んでよかったです。
主に大学の話を。
大学入学後のことが書かれた
書類をたくさんもらいました。
お母さんが帰った後は
それを読んでいましたが
そこで気分が堕ちました。
私には看護の道が
向いていないのではないかと。
看護は必須科目がたくさんあって
バイトをする時間もなく、
サバサバしている子達が
集まっていそうで
今まで私が一緒にいた子達と
ジャンルも違うし
友達が出来るのかな、とも。
不安時の頓服を
もらおうと思いましたが
出ていなくて
止むを得ず緊張時の頓服を
もらいました。
今は暖かいミルクティーも
加わって
一応落ち着いています。

最近の目標が
前向きに生きることなので
前向きになれるよう
1人で葛藤していました。
これからは意識しなくても
前向きになれるような人に
なりたいです。

入院2日目


今日は朝から
主治医の先生に会えて
とても嬉しかったです。
早くも依存している私。
依存してはだめだって
分かっているけれど
気づいた時には依存している。
抑えなきゃ、抑えなきゃ、と
必死です。

今日から再び作業療法を
受けられることになったのに
作業療法士さんと会えず
行けませんでした。
今日は違う病棟の
患者さんたちと合同で
前の担当の作業療法士さんと
会えると思ったので
先生にお願いをしてまで
行きたかったのに。
院外へのお出かけだったので
着替えて待っていたのに。
明日はお料理教室なので
行けるように頑張ります。

午後は意を決して
会いたい人の元へ。
前に同じ病棟でお話した
統合失調症の方。
面会という形で前の病棟まで
緊張しながら行きましたが
既に退院していました。
会いたかったのでショックで
少し落ち込みましたが
退院はいいこと。
応援しよう、という気持ちに
変えられました。
そうそう、看護師さんに
また入院しているの?
と言われ苦笑い。
もう少しお話したかったけれど
忙しそうなので出来ず。
結果的には傷つくことなく
すっきりとした気分で
今日のやりたかったことを
終えられたのでよかったです。

あと同室で話しかけてくれた
優しいおばさんが
退院しました。
あまり話さなかったので
悲しくはないですが
応援したいと思いました。

入院1日目(K病院 2回目/診察1回目)


再入院しました。
また同じ病院です。
前と同様に休養と
加えて薬の調節のため
1週間という短期間。
大学に入るまでに
副作用がない程度に
薬を多くしたいと思っています。
薬に依存しているのではなくて
もう少し気分の波が
安定してほしいです。

今回は解放病棟です。
閉鎖病棟と雰囲気が全く違って
アットホームな感じ。
看護師さんも優しい人ばかりで
何かあったらすぐに言えそうです。
けれどやっぱり
前の病棟が恋しくて
よく話した2人と会いたいです。
面会に行こうと思い
病棟まで言ったのですが
まだ入院しているか分からず
看護師さんに聞くと
個人情報なので答えられないと
言われ失敗。
連絡をとってから
また来てください
と言われましたが
アドレスを交換していないので
連絡ができないです。
今度は入院している前提で
行ってみようと思います。

漢検の勉強をしていると
2人のおばさんに
話しかけられました。
片方は同室の方。
いい人そうでよかったです。
けれど明日には退院らしく
残念です。

今回は活動的に動いて
1週間という短期間で
頑張って薬の調節を
終わらせます。

恐怖を詰め込む頭


たまに来る発作はきっと
これから起こるであろう
たくさんの怖いことを
考えてしまうのが原因です。
生きることに真剣に向き合うと
怖いことがたくさんあって
身動き出来ない、
生きづらい気持ちになります。

まずは病気。
このまま治らなかったら?
幸せを感じずに生きるの?
周りとの壁を感じながら
這うように生きるの?

そして将来。
就職できる?
できたとしても続けられる?
また物事を重く受け止めすぎて
鬱っぽくならない?

あとは生きること。
結婚、出産。
もし幸せを掴めたとしても
必ず辛いことが起こる。
大変なことが起こる。
そんな中で私のような
弱い人間なんかが生きていける?

それから死ぬこと。
どれだけ頑張って
自殺せずに生き抜いても
必ず訪れる死。
だったらば生まれてきたことは
無駄じゃないの?

もっと明るく考えられたら
少しは楽に生きていけるだろうと
思うのですが
なかなか上手くいきません。
固定観念は
簡単には変えられないから
固定観念と言うのです。
  • 2014/03/25(火) 23:59 |
  • 日記 |
  • |

ピアスを開けました


今日は遊ぶ一週間最後の日。
買い物したりプリ撮ったり。
大学に入ってからは
毎日私服なので
服を沢山買いたいなと
思っていたのに
私が老け過ぎていて
今日行ったお店の服は
子供っぽく見えてしまい
ユニクロの2着しか
買えませんでした。

そうそう、ピアスも開けました。
あれって一瞬ですが
その一瞬がとても痛いですね。
今はもう痛みは収まりました。
早くファーストピアスを取って
いろいろなピアスを
楽しみたいです。

途中からは離人感が激しくなり
ここはどこ?状態に。
早めに切り上げて5時頃に帰宅。
化粧を落としてお昼寝をして
回復しました。

明日は大人のように
活動する予定です。
早く起きなければ。
  • 2014/03/24(月) 23:03 |
  • 日記 |
  • |

多々の煩悩


昨日今日で友達3人と
私の家でお泊り会をしました。
気を使いすぎず使われすぎず
ちょうどよい加減でした。
特に何をしたわけでもなく
焼肉食べ放題、プリ、カラオケ、
ぶらぶらと遊んでいました。

最近は訳の分からない感情に
突然襲われる発作が多いです。
言葉に表せないけれど
分かる方きっといると思います。
幸せに生きたいのに
なんて生きづらいの。
楽しい、嬉しい、そして幸せ、
プラスの感情しかいらないのに
どうして、って。
こういう感情に襲われるのは
いつ治るのか、
その前に治るのか、
不安で仕方ないです。

あとは埋もれていく恐怖。
詳しく説明すると長くなるので
省略しますが
個性がなくなるのが
異様に怖いです。

そして本当に看護の道へ
進んでもいいのかという悩み。
長い間願っていた教師への道が
目の前にあるのに
それを捨ててもいいのか、
後悔しないのか、と
悩んでいます。

同じ苦しみを味わっていて
それでも生きて
頑張っている人たちの
話を聞きたいと願う今日この頃。
1人じゃないんだと感じたい。
  • 2014/03/23(日) 23:43 |
  • 日記 |
  • |

ゆっくりと進んでゆく


今日は卒業式でした。
みんなよりも遅れたけれど
6年間通った学校を
無事に卒業しました。
たくさんの先生たちと会えて
写真をたくさん撮れて
飛び跳ねて走り回って
軽躁状態で疲れました。
離人感のせいで
悲しさはあまりないけれど
これで先に進めます。

あとは国公立の看護学部に
合格しました。
私立の教育学部と悩んで
看護に進むことにしました。
卒業と同時に進路も決定。
看護師への道、
全く自信はないけれど
限界が来るまで頑張ってみます。

卒業したということで
髪を染めてきました。
小学生の頃からの夢だった
赤みがかった茶色。
みんなと違う赤系統を
選びました。
明日はピアスを開ける予定。
楽しんで、着々と、
大学生への道を進めています。

これからもゆっくりと
頑張っていきます。
  • 2014/03/20(木) 23:47 |
  • 日記 |
  • |

プロフィール

ゆう

Author:ゆう


▽基本情報

看護学部2年生

▽病気のこと

双極性障害Ⅱ型
解離性障害(離人症)
境界性パーソナリティ障害

▽今までのこと

中学までは普通の女の子でした。
高1で生活が荒れ
高2で勉強をしすぎ
高3でついにメンタル崩壊。
大学生になった今では
病気と闘いつつ
1日1日を生き抜いています。
いつか病気が寛解したらば、と
願いを込めて。

▽ブログ

ぼちぼちと更新しております。
読んでくださると嬉しいです。
コメント欄は閉鎖しております。

▽SNS

・Twitter ゆう
→@situyu_et0i1e
.Tumblr 星屑日記ぽつり
→situyuet0i1e
・ツイキャス
→situyuet0i1e
フォローしてくださると
嬉しいです。
Twitterはフォロリクの際
リプをください。

ランキング

ランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけると
励みになります。

↓にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

おまけ

ただいまの時間

訪問者数

検索フォーム

日記の軌跡